しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月5日(水)

台風21号 近畿など直撃

強風・高潮・浸水

2人死亡 被害拡大の恐れ

写真

(写真)台風の影響で倒壊した信号機や工事現場の足場=4日午後、大阪市西成区

 台風21号は4日正午ごろ、非常に強い勢力で徳島県南部に上陸し、淡路島を経て午後2時ごろ神戸市付近に再上陸しました。近畿・北陸を縦断し同日夕、日本海へ抜けました。最大瞬間風速は関西国際空港で58・1メートル、和歌山市で57・4メートルを観測しました。最大風速44メートル以上の非常に強い勢力を保ったまま上陸したのは、1993年の台風13号以来25年ぶりです。

 近畿や四国、東海、北陸を中心に猛烈な風雨となり、近畿沿岸では高潮による浸水被害が発生。各地で強風による建物の損壊や倒木、家屋の屋根が吹き飛ぶなどの被害が出ました。滋賀県警などによると、台風の影響で東近江市の倉庫が崩れ、男性(71)が下敷きになり死亡しました。

 堺市でも1人が犠牲になりました。香川県坂出市の瀬戸大橋でトラックが横転したのをはじめ、各地で車の事故も起きました。

 関西国際空港では大雨と高潮の影響で滑走路や建物の一部が浸水し、閉鎖されました。また空港と対岸を結ぶ連絡橋に、台風の強風に流されたタンカーが衝突しました。

 台風の接近を受け、JR西日本は同日正午すぎまでに京阪神地区のすべての在来線の運転を見合わせました。JR東日本は北陸新幹線が長野―金沢間で運転を見合わせたほか、特急の一部を運休としました。空の便では日本航空と全日空が国内線と国際線で計600便を欠航とし、約5万7000人に影響が出ました。

 関西電力管内では約145万6000戸(午後3時現在)が停電。四国電力では約6900戸(同6時35分現在)、中部電力では約68万戸(同5時現在)に及びました。


pageup