しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年9月1日(土)

沖縄知事選 覚悟決め勝つ

玉城氏の「会」 事務所開き

写真

(写真)ガンバロウ三唱する人たち。右から5人目は玉城デニー氏=31日、那覇市

 沖縄県知事選(13日告示、30日投票)に、同県名護市辺野古新基地に反対する「オール沖縄」の候補として出馬する玉城デニー衆院議員の選挙母体「平和・誇りある豊かさを!ひやみかち うまんちゅの会」の事務所開きが31日、那覇市で行われました。玉城氏と固い握手をした参加者は、必勝に向けて力強く「頑張ろう!」と三唱しました。

 同会の呉屋守将会長(金秀グループ会長)は、「相手に追いつき、追い抜くにはもう一段階、強い運動を展開しないといけない。覚悟を決めて勝とう」と訴えました。

 玉城氏は、沖縄の平和と自然を壊す米軍基地はもういらないという故・翁長雄志知事の揺るぎない信念を受け継ぎ、「『新時代沖縄』をつくるため、皆さん、力を貸してください」と呼びかけました。

 那覇市長選で再選を目指す城間みきこ市長、宜野湾(ぎのわん)市長選の仲西春雅予定候補、豊見城(とみぐすく)市長選の山川ひとし予定候補が決意表明。日本共産党の赤嶺政賢、社民党の照屋寛徳の両衆院議員、参院会派「沖縄の風」の糸数慶子、伊波洋一の両参院議員も激励しました。


pageup