しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月30日(木)

「豊かな沖縄を築く」

玉城氏 翁長氏の遺影に報告

写真

(写真)知事選への出馬報告をするため、翁長家をおとずれる(前列左から)呉屋守将会長、玉城デニー衆院議員ら=29日、那覇市

 沖縄県知事選(9月13日告示、30日投票)への出馬表明の記者会見を終えた玉城デニー衆院議員と玉城氏を支援する「ひやみかち・うまんちゅの会」会長に就任した金秀グループの呉屋守将会長は29日、会見場から歩いて数分の故翁長雄志知事の自宅を訪問し、仏壇の遺影に手を合わせ、決意を報告しました。

 訪問後、取材に応じた玉城デニー氏は「『翁長知事が目指した、より豊かな沖縄の未来を築いていけるよう全力で頑張っていきます。どうぞ力を貸してください』とお願いした」と述べました。知事の家族から「全力で応援します」と声をかけられたといいます。

 「明るい未来をかけた選挙戦にしていきたい。知事もきっとそれを望んでいる」と述べ、辺野古ノーの県民の民意について「県民の思いは4年たってもまったくぶれていない。信念は今もしっかり県民の皆さんはもっていると思う」と語りました。

 呉屋氏も翁長氏に「あの世から最大限のお力添えをお願いした」と語りました。

 経済界の多くが自民党・公明党・維新の会が推す佐喜真淳氏を支援する中で、玉城氏を応援する意義を問われた呉屋氏は「サイレント(静か)なれども、私は多くの方々の支援をいただけると信じています」と語りました。


pageup