しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月27日(月)

IRってカジノなの?

名古屋で学習会 反対運動広げよう

井上参院議員、すやま氏参加

写真

(写真)市民集会であいさつする井上哲士参院議員=26日、名古屋市内

 刑法が禁じる賭博場・カジノの誘致を目指す動きが各地に広がるなか、愛知県内の弁護士、司法書士、精神科医、県労働組合総連合議長らが呼びかけた市民学習会「IRってカジノなの?」が26日、名古屋市内で開かれ、80人が参加しました。

 愛知県内では、大村秀章知事が進める中部国際空港(常滑市)周辺での「国際観光都市」開発計画にIR(カジノを中核とする統合型リゾート)構想が組み込まれ、県が事業者向けの説明会を開くなど具体的な動きを開始しています。

 呼びかけ人の平井宏和弁護士は「カジノはむちゃくちゃな話。賭博罪で禁じている行為に国がゴーを出していいのか。じっくり考えて、今後の反対運動を広げていきたい」と訴えました。

 静岡大学の鳥畑与一教授は講演で「国会で公明党などは『カジノではなくIRだ』という説明を繰り返しました。IR型カジノは、国際会議場やエンターテインメント施設で客寄せし、その客をカジノに誘導してカジノのもうけを極大化することをねらうビジネスです」とのべました。

 名古屋市内で依存症治療にあたるクリニックを開いている精神科医の西山仁さんは「いま、1週間に3、4人は新患がいる状態です。日本はもうすでにギャンブル大国。これにカジノ被害者が加わればどうなるのか」と話しました。

 会場から「カジノに反対する県政をつくりたい」「愛知県にカジノをつくらせない署名を広げたい」という発言がありました。

 日本共産党の井上哲士参院議員、すやま初美参院愛知選挙区予定候補が参加。井上氏は「これからの地方自治体でのたたかいが大切です。みなさんと力を合わせてがんばります」とあいさつしました。


pageup