しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月21日(火)

南北離散家族が再会

首脳会談受け 2年10カ月ぶり

 朝鮮戦争(1950~53年)などで生き別れになった韓国と北朝鮮の離散家族は20日、北朝鮮南東部の金剛山ホテルで再会しました。離散家族再会行事は、4月に行われた南北首脳会談で合意した「板門店宣言」に盛り込まれており、2015年10月以来となります。(栗原千鶴)


抱き合って喜ぶ

 韓国の家族89人とその家族やスタッフらは同日朝、バスで北朝鮮入りし、午後3時から北朝鮮に住む家族との再会を果たしました。

 韓国メディアによると、南北の家族らは抱き合って喜びを分かちあいました。

 朝鮮戦争の際に、夫と息子と生き別れになった92歳のイ・グムソムさんは、息子のリ・サンチョルさん(71)と再会。イさんは、息子の手を握り、夫や孫の写真を見て、孫の名前や年を尋ねるなど、語りあいました。

 韓国統一省によると、7月末時点で、申請、登録されている存命中の離散家族は約5万7000人。このうち6割超が80歳以上です。

 高齢化が進むなかで、今回、子どもに会った人は7人、きょうだいとの再会は20人で、一度もあったことのない親族と会う人が多くを占めるようになりました。時間がないなか、市民からは、再会できる人の数が少ないとの意見も出ています。

 1985年に初めて行われた離散家族再会事業は、これまで20回行われ4677家族が再会しました。

 今回の再会行事は22日まで2泊3日の予定。高齢者が多いことを考慮して、韓国政府は医療関係の職員ら30人あまりを訪朝させました。24~26日にかけては、北朝鮮で選ばれた家族83人が韓国に住む親族らと会う予定です。


pageup