しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月20日(月)

ナチス美化許さない

ドイツ・ベルリンで4000人デモ

戦犯“追悼”に対抗

 【ベルリン=伊藤寿庸】ベルリン市西部のシュパンダウで18日、ネオナチのデモへの対抗デモに約4000人が参加し、ナチ賛美や人種差別に抗議しました。


写真

(写真)ネオナチによるナチ戦犯賛美に反対してデモ行進する市民。地元のシュターケン区から来た参加者は「極右に反対するシュターケン」との横断幕を掲げました=18日、ベルリン市シュパンダウ(伊藤寿庸撮影)

 この日は、ナチスの副総統だったルドルフ・ヘス(ニュルンベルク国際軍事法廷で終身刑)が31年前に同地の戦犯刑務所で自殺した日で、これを追悼する「ナチ美化」の行動が計画されていました。

 集会・デモには、社民党、緑の党、左翼党などの政党や、労働組合、キリスト教団体などが参加。「多くの兵士や市民、ユダヤ人、ロマを殺害した人物をたたえることは許せない」(カトリック神父)、「野蛮なナチ思想に対して、われわれの価値を守らなければならない」(プロテスタント牧師)、「日常の人種差別がファシズムの温床だ」(トルコ系市民代表)などの発言が続きました。

 「極右に反対するおばあちゃんたち」のプラカードを掲げたゲルトルート・グラフさん(67)は、「戦争で夫婦が引き裂かれ、息子が戦争に取られ、女性はレイプされた。その再来を許さないために、ユーモアで抗議をしている」といいます。

 「ニュルンベルク裁判の後も、元ナチが法律家、政治家、実業家など高い地位に残った。だからそういう思想が今も残っている」と語る女性(54)もいました。

 対抗デモに圧倒された数百人のネオナチは、シュパンダウでのデモを断念。ベルリン市中心部に移動してデモを行いましたが、ここでも座り込みなどの対抗デモに見舞われました。


 ルドルフ・ヘス ヒトラーの私設秘書からナチ党の副総統となったナチス・ドイツの幹部。戦後1946年のニュルンベルク裁判で終身刑。ベルリンのシュパンダウ連合軍戦犯刑務所で服役中の1987年に自殺。ニュルンベルク裁判で、「私は何も後悔していない。もし最初に戻っても、同じ様に行動するだろう」と証言し、無反省を貫きました。


pageup