しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

終戦の日 共産党 各地で宣伝

立憲主義取り戻す

福岡 真島氏 かわの氏

写真

(写真)終戦記念日に街頭で訴える真島氏(右)とかわの予定候補(左)=15日、福岡市

 日本共産党の真島省三前衆院議員と、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補は、福岡市内で「不戦の誓い、憲法9条を守り抜こう」と訴えました。

 真島氏は、アジアで2000万人、国内で310万人以上の犠牲者に戦争が何をもたらしたのかと問いかけ、「犠牲者一人ひとりを思う時、受け止め切れない重さを感じる」と強調。「戦争の惨禍を経て手にした憲法9条を守り、平和な日本と世界を次世代に手渡そう」と呼びかけました。

 辺野古新基地建設や戦争法強行など戦争する国づくりを進める安倍政権を批判。参院選での与野党逆転を訴え「市民と野党の共闘を発展させて、安保法制を廃止し、立憲主義をこの国に取り戻していく」と力を込めました。

 かわの予定候補は、国連での核兵器禁止条約の採択や朝鮮半島の非核化・平和構築の進展など平和をめざす市民がつくり上げた激動の情勢を紹介し「日本の核兵器禁止条約参加と国際紛争の対話による解決を訴え奮闘していきます」と語りました。


pageup