しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

終戦の日 共産党 各地で宣伝

禁止条約サインを

埼玉 塩川、梅村、伊藤各氏

写真

(写真)マイクを握る塩川氏(右から2人目)と梅村(左端)、伊藤(右端)の両氏ら=15日、さいたま市

 日本共産党の塩川鉄也衆院議員と梅村さえこ参院比例予定候補、伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補らは、埼玉県内各地で終戦記念日宣伝に取り組みました。川口市、さいたま市、上尾市の各市議団、県議・市議予定候補も訴えました。

 塩川氏は、憲法9条を守る3000万人署名を大きく広げたことが安倍9条改憲を抑える力となったと指摘。「3000万人署名をさらに広げて、安倍9条改憲を断念に追い込もう」と訴えました。

 梅村氏は、先日NHKで放送された戦争孤児の特集番組に言及。「いつの時代も戦争の犠牲となるのは若者たち、子どもたち、そして性犯罪の被害を受ける女性たちです」と訴えました。

 伊藤氏は、広島市主催の平和記念式典で安倍首相が核兵器禁止条約に全く触れなかったことを批判し「唯一の戦争被爆国である日本の総理大臣に、核兵器禁止条約にサインし、批准せよと共に迫ろう」と呼びかけました。


pageup