しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

終戦の日 共産党 各地で宣伝

対話での外交こそ

長野 武田氏 ながせ氏

写真

(写真)戦争のない社会へ決意を語る(左から)和田、ながせ、武田、山口、阿部の各氏=15日、長野駅前

 日本共産党の武田良介参院議員は、ながせ由希子参院長野選挙区予定候補(党県書記長)、山口典久、和田明子両県議、阿部孝二市議とともに長野駅前で街頭演説しました。参加者一同は開始時刻の正午、聴衆とともに黙とうしました。

 武田氏は、臨時国会で憲法9条に自衛隊を書き込む改憲案を提出すると明言した安倍首相を批判。「日本を『戦争できる国』にするため、侵略戦争の反省を踏まえて書かれた9条を変えることは許されない。市民と野党の共闘を広げ、改憲を阻止しよう」と訴えました。

 8日に死去した翁長雄志沖縄県知事をしのび、「朝鮮半島の非核化など世界情勢の変化から、翁長さんは平和な社会を実現できる確信を深めていた。侵略戦争反対を貫いた歴史を持つ共産党として、武力に頼らない対話による平和外交をめざす」と語りました。

 ながせ氏は、核兵器禁止条約の批准・署名が各国で進んでいることなどに触れ「核兵器を使う戦争をしてはならないという動きが、国内外で広がっている」と強調。同条約への不参加を表明した安倍首相の姿勢を厳しく批判しました。

 来年の県議選をたたかう山口、和田両氏も改憲阻止と核兵器廃絶へ市民と共同を広げる決意を表明しました。


pageup