しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月16日(木)

終戦の日 共産党 各地で宣伝

党派超え平和守る

神奈川 畑野、しいば、あさか各氏

写真

(写真)「頑張って」との激励にこたえる(左から)しいば、あさか、荒木、畑野の各氏=15日、JR桜木町駅前

 日本共産党神奈川県委員会は、横浜市中区のJR桜木町駅前で、終戦記念日宣伝を行いました。畑野君枝衆院議員、しいばかずゆき参院比例予定候補、あさか由香参院神奈川選挙区予定候補、党市議団(9人)の荒木由美子団長が参加しました。

 畑野氏は「憲法違反の安保法制(戦争法)を強行し、憲法を変えて海外で戦争する国づくりを進めようとする安倍政権を代えなければなりません」と強調。「平和と民主主義、基本的人権を大事にする政治をつくるため党派を超えて頑張ります」と述べました。

 しいば予定候補は「戦争は途中では止められない。多くの犠牲の上に『歯止め』としてつくられた憲法9条を守り、生かそう」と呼びかけ、あさか予定候補は「政府の行為によって再び戦争の惨禍を起こさせないため、安保法制を廃止し、憲法9条を守るため全力を尽くす」と表明しました。

 旭区の女性(69)は「核兵器禁止条約にも署名せず、日本政府は恥ずかしい。海外の紛争地は悲惨な状況。改憲には反対です」と話して「ヒバクシャ国際署名」に応じました。

 千葉県船橋市の男性(25)も署名し「9条を変えたら軍隊を持ち、戦争にもなる。戦争はひどいもの。絶対にやってはいけない」と語りました。


pageup