しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月15日(水)

きょう終戦73年

戦争か平和か 歴史的岐路

 きょう15日は、日本が進めた侵略戦争と植民地支配の終結から73年になります。この戦争では、アジア・太平洋地域で2000万人以上、日本人300万人以上が犠牲になりました。戦前の歴史の反省から生まれたのが日本国憲法です。

 安倍政権は違憲の安保法制=戦争法を強行し、自衛隊明記の9条改憲を狙っています。一方で、平和を願う各国の民衆運動を原動力とする平和の激動が朝鮮半島と東アジアで起こっています。この平和体制構築のプロセスが成功すれば、改憲など安倍政権の「戦争をする国づくり」の「根拠」は崩壊します。戦争か平和かの歴史的岐路のなかで戦後73年を迎えました。日本共産党の小池晃書記局長は談話を発表しました。


pageup