しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月12日(日)

歴史ひっくり返す危険な政権にノー

名古屋 市民パレード

写真

(写真)「安倍9条改憲NO」と訴えパレードする人たち=10日、名古屋市昭和区

 「憲法こわすな」「安倍政権は退陣を」―。名古屋市昭和区の沿道で浴衣姿の若者や女性の声が響き渡りました。集団的自衛権行使に反対する昭和区の会、安倍9条改憲NO!いのちを守る3000万署名昭和区市民アクションが10日、共同で開いた「安倍9条改憲NO!憲法と命守る!盆踊り&パレード」です。

 盆踊り後の集会で、集団的自衛権行使に反対する昭和区の会共同代表の小島高志弁護士は「悲惨な戦争の歴史の教訓から平和憲法ができた。安倍首相は歴史の教訓を学ばず、ひっくり返そうとしている。危険な安倍政治に黙っていてはいけない。草の根から安倍改憲NO!の声を上げよう」と訴えました。

 リレートークで昭和区九条の会役員は「区内で3000万人署名は1万3千を超えた。さらに署名を旺盛に行い、改憲断念に追い込む」。新婦人昭和支部役員は「宣伝グッズなど各班で創意工夫して『憲法9条守れ』の運動をしている」と報告しました。

 日本共産党の本村伸子衆院議員、柴田民雄、西山あさみの両名古屋市議、立憲民主党の近藤昭一衆院議員が参加。本村、近藤両氏が連帯のあいさつを述べました。

 集会後、参加した80人が「戦争反対」「守れ9条」と書いたうちわを掲げてパレード。沿道から「がんばって」「安倍首相が辞めるのは当然だ」の声がかかりました。


pageup