しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月12日(日)

新基地反対 全国各地で呼応行動

東京では2800人が連帯

写真

(写真)沖縄県民大会に呼応しデモ行進する人たち=11日、東京都内

 東京都豊島区では「沖縄県民大会に呼応する8・11首都圏大行動」(同実行委員会主催)が開かれ、主催者発表で約2800人が参加しました。

 県民大会の音声が一部同時中継され、知事職務代理の謝花喜一郎副知事が、翁長知事の熱い思いを受け止めると語ると、大きな拍手と指笛で応えました。

 「沖縄環境ネットワーク」世話人の花輪伸一さんは、「一刻も早く埋め立て承認が撤回され、土砂投入をストップさせることを何よりも強く期待し、支持したい。翁長知事の遺志を引き継ぎ、沖縄の人々、全国の市民と連帯してたたかいを継続し、より一層盛り上げ、新基地建設を中止に追い込みたい」と述べました。

 「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」の藤本泰成さんは、米兵による事件や米軍機墜落を挙げ「米軍基地は沖縄県民の命を脅かす以外の何物でもない。沖縄と連帯して、命を脅かす全てを日本、沖縄から排除していこう」と力を込めました。

 都内の大学3年の女子学生(20)は、昨年訪れた辺野古で座り込む市民らが機動隊によって強制排除されたことに衝撃を受けたと紹介。「沖縄の問題は、沖縄だけの問題にしてはいけない。政府に近い東京だからこそ、発信しなくてはいけない」と呼びかけました。

 日本共産党の吉良よし子、山添拓の両参院議員、池内さおり前衆院議員が参加しました。


pageup