しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年8月6日(月)

原水禁が広島大会

 原水爆禁止国民会議(原水禁)などでつくる実行委員会主催の被爆73周年原水爆禁止世界大会・広島大会が4日、広島市であり、2200人(主催者発表)が参加しました。

 あいさつした佐古正明・副実行委員長(原水禁副議長)は、南北・米朝首脳会談で「安倍政権の軍事力・圧力一辺倒の政策が破たんした」と強調。「アメリカの核の脅しで平和は実現できない」と述べ、核兵器禁止条約の署名・批准を求める運動を訴えました。

 藤本泰成事務局長(原水禁事務局長)は基調報告で、禁止条約について「被爆国政府として日本が署名・批准するのは当然だ」と指摘。「核も戦争もない21世紀を実現しよう」と呼びかけました。

 広島で被爆した桑原千代子さんが体験を語り、「平和を自らの手でつかむため、わずかでもできることをやってほしい」と訴え。高校生平和大使の代表が決意表明しました。


pageup