しんぶん赤旗

お問い合わせ

日本共産党

赤旗電子版の購読はこちら 赤旗電子版の購読はこちら

2018年7月12日(木)

災害発生時の宴会

安倍政権に批判広がる

 日本列島の西半分に甚大な被害を及ぼした西日本豪雨が発生した5日夜、安倍晋三首相はじめ閣僚、自民党国会議員が宴会に興じ、災害対策の初動が遅れたことに対し、世論の批判が高まっています。

 本紙は8日付で報じましたが、宴会は「赤坂自民亭」と名付けて開催。安倍首相のほか小野寺五典防衛相、上川陽子法相、西村康稔内閣官房副長官ら政権中枢に加え、自民党の岸田文雄政調会長、竹下亘総務会長ら党幹部も参加していました。

 5日午後2時、気象庁は緊急記者会見を開き、「非常に激しい雨が断続的に数日間降り続き、記録的な大雨となる恐れがある」とし、土砂災害や河川の氾濫などへの厳重警戒を呼びかけ。夜までに大阪など3府県20万人に避難勧告が出されていました。同時間帯、宴会の参加者からは「いいなあ自民党」(西村氏が宴会の様子をツイッターに投稿)などと不謹慎な発言が飛び出しました。

 政府内に官邸連絡室や防衛省災害対策連絡室などが設置されたのは翌6日午後。災害対策基本法に基づき安倍内閣が陣頭指揮をとる非常災害対策本部(安倍首相が設置)が開設されたのはようやく8日午前になってからでした。この時すでに、気象庁は広島、岡山など11府県に対し「数十年に一度の災害」を意味する大雨特別警報を出し、避難指示・勧告は863万人、死者・行方不明者は100人を超えていました。

 安倍首相は対策本部の初会合で「先手、先手で支援を行う」「救命救助は時間とのたたかいだ」などと発言しました。

 しかし最初の気象庁の警戒喚起から対策本部の設置までには60時間以上が経過しており、二十数府県にわたる深刻な災害の対策の初動として重大な遅れです。被害進行のさなかに酒宴で盛り上がるなど言語道断。人命軽視と危機管理意識の欠如と言わざるを得ません。


pageup