「しんぶん赤旗」
日本共産党
メール

申し込み記者募集・見学会主張とコラム電話相談キーワードPRグッズ
日本共産党しんぶん赤旗前頁に戻る

2017年9月25日(月)

働き方・人生壊すな

「残業代ゼロ法案」反対デモ

東京でエキタス

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック

写真

(写真)「月100時間も残業させるな」「働き方を勝手に決めるな」とコールする参加者=24日、東京都新宿区

 最低賃金1500円への引き上げなどを求める若者グループ「AEQUITAS」(エキタス)は24日、東京都新宿区で安倍政権による「働き方改革」に反対するデモを行いました。約200人(主催者発表)が参加し、サウンドカーのリズムに合わせて「月100時間も残業させるな」「働き方を勝手に決めるな」とコールしました。

 デモのタイトルは、「残業代ゼロ法案と定額働かせ放題に反対するデモ」です。エキタスは、安倍「働き方改革」の問題点をつく独自のリーフレットも制作。デモと並行して配りながら、危険性をアピールしました。

 デモに先立つ集会で、エキタスのメンバーで大学2年生の古賀勇人さん(19)が発言しました。「残業代ゼロ法案」などについて、「政府などによって、僕たちの働き方や人生が壊されようとしています。抗議しましょう」と訴えました。

 解散・総選挙への動きにもふれ、「どれだけ市民の声を政治に反映させられるかが大事です。しっかり意思表示していきましょう」と呼びかけました。

 歩道からデモの様子を見ていた、東京都新宿区に住む会社員の男性(55)は、「休日の取りかた一つ見ても、日本の働き方はおかしいなと感じています。本当に『改革』を掲げるのであれば、まずはこうした働く人の声を聞いてほしい」。