「しんぶん赤旗」
日本共産党
メール

申し込み記者募集・見学会主張とコラム電話相談キーワードPRグッズ
日本共産党しんぶん赤旗前頁に戻る

2013年3月26日(火)

3億円詐欺容疑で逮捕の男から

下村文科相 献金84万円

このエントリーをはてなブックマークに追加 Yahoo!ブックマークに登録 mixiチェック

 3億円を超える詐欺容疑で、ことし2月に逮捕された人物から、下村博文文部科学相(衆院東京11区)が計84万円の献金を受け取っていたことが本紙の調べでわかりました。また、この人物は、橋下徹大阪市長が代表を務める「大阪維新の会」、橋下徹後援会にも計150万円分のパーティー券を購入していました。


写真

(写真)詐欺容疑で逮捕された山本容疑者の会社=大阪市生野区

大阪維新・橋下後援会 パー券計150万円

 下村文科相や橋下氏側に資金提供していたのは、大阪市生野区の建設会社「ライフサポーター山市」社長の山本秀典容疑者(53)。2月13日、「東日本大震災の被災者向けのプレハブが福島県で採用されたが、購入資金が足りない。利息を付けて返済する」などとウソの説明をするなどして、知人から計約3億円をだまし取ったとして大阪府警捜査4課に詐欺容疑で逮捕されました。3月6日には、別の知人に「プレハブ仮設住宅を韓国から仕入れる。個人的に災害復興に協力したい」と虚偽の説明をし、融資金目的で6100万円を詐取したとして、再逮捕されています。

 政治資金収支報告書によると、下村文科相が支部長の「自民党東京都第11選挙区支部」は、2005年〜10年は、ライフサポーター山市から、11年は山本容疑者から、各12万円、計84万円の献金を受け取っています。

 一方、山本容疑者は、大阪維新の会が11年9月15日に開いた政治資金パーティーのパーティー券を会社名義で50万円分購入。10年9月にも、会社名義で大阪維新の会のパーティー券を会社名義で40万円分、6月には、橋下徹後援会が開いた「大阪『都』構想を考える会」名目のパーティー券60万円分を個人名義で購入しています。

 山本容疑者をめぐっては、自民党の石破茂幹事長が、東京・銀座や大阪・北新地の高級クラブで接待を受けたなどと報じられています。

 山本容疑者とのかかわりや献金の経緯、返金の意思などについての本紙の問い合わせに、下村博文事務所は「政治資金については、法令に従って適正に処理している。献金された方々の属性等について事前に把握できるものではない。(返金については)事実関係を確認し、弁護士等とも相談したうえで対応を検討する」としています。


見本紙 購読 ページの上にもどる
日本共産党 (c)日本共産党中央委員会 ご利用にあたって