2010年11月24日(水)「しんぶん赤旗」

カンボジア

祭り客 379人死亡

橋の上で折り重なり倒れる


 【ハノイ=面川誠】カンボジアの首都プノンペンで22日夜、雨期明けを祝う恒例の「水祭り」の見物客がメコン川にかかる橋の上で次々と折り重なって倒れ、少なくとも379人が死亡、755人が負傷しました。

 同日は3日間の祭りの最終日。市街地からコンサートやバーゲンセールが行われていた中洲ダイヤモンド島を結ぶ狭い橋は見物客であふれかえっていました。

 見物客がパニックに陥った原因は確認されていません。カンボジア政府はテロの可能性を否定しました。

 フン・セン首相は国民に謝罪するとともに、徹底した調査を約束。「ポル・ポト体制崩壊後の31年間で最悪の悲劇だ」と述べ、25日を追悼の日にすると発表しました。

 現場からのテレビ中継は、「私の家族は息子一人を除いてみんなポル・ポト政権に殺された。その息子が死んでしまった」と泣き叫ぶ女性の姿を伝えました。





もどる
日本共産党ホーム「しんぶん赤旗」ご利用にあたって
(c)日本共産党中央委員会
151-8586 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-26-7 TEL 03-3403-6111  FAX 03-5474-8358 Mail info@jcp.or.jp